車に関すること

車と言えば、私は中古車というイメージを持ちます。

新車で車を購入したことがなく、新車よりも安く購入することができる中古車は私にとってとても魅力的に感じる存在です。

しかし、中古車の販売価格の基準とはなんなのかとても疑問に感じるときがあります。

中古車展示場で販売されている中古車を見ると、まったく同じように見える車でもその販売価格に大きな差があったりしますよね。

その同じように見える車のスペックが同等であっても、販売価格に差があることは疑問に思って同然だと思います。

基本的に、中古車は人気がある車に高額な値段がつきます。

古い車だから安く、新しい車だから高いというわけではなく、いかにその車に皆が興味をしめしていて人気があるかが販売価格に左右される要因になるのです。

例えば、同じ車でもカラーの違いにより販売価格に差が生じます。

一般的に、白いカラーと黒カラーに人気が集中します。マイナーなカラーで、新車時にほとんど売れることがなかったようなカラーは、中古車においても人気がなく価格が下落してしまうのです。

また、純正のカーナビやその車の専用デザインのホイールなどが付いていると価格は高くなる傾向にあります。

少しの違いで価格に差が生じてしまいますので、購入のさいにはじっくり選ぶ必要があります。


潜在数秘術 初級動画セミナー。自然に自分の能力を発揮しませんか?