完成度の高いベンツV250ブルーテック

モデルチェンジした3代目のメルセデス・ベンツVクラスは、まず見た目が新しくなりました。

フロントフェイスやインパネはSクラスを思わせ、ナビのモニターやコントローラはCクラスに似ており、最新のメルセデスのデザインで統一されています。

リアゲートは、ガラスハッチ式を採用して、独立して開閉できるので荷物の出し入れに便利ですね。

車庫入れの最は、アラウンドビューモニターに似た真上からの画像で確認できますし、パーキングアシストまで用意されているので、日本でも十分に通用するアイテムが揃っています。

2列目・3列目とも座席がそれぞれ独立しており、向きを変えて座る事ができてテーブルも装着できます。

100?/hで走っても3列目の人との会話は十分に聞こえるようで、ディーゼル車の特有の音は聞こえないくらい静かです。

最高出力190ps/440Nmなので、加速にも不満はないでしょう。

アウトバーンでの直進性もしっかりしているので、軽くステアリングを握っている程度でも大丈夫な感じでしょうね。

乗り心地もしっかりしているので、見た目と同じく最新のメルセデスといった印象です。

日本へは2015年に導入予定ですが、エンジンがどうなるか不明です。

ディーゼルエンジンで日本で発売されたら面白い存在になるでしょう。



潜在数秘術 初級動画セミナー。自然に自分の能力を発揮しませんか?