マツダ・デミオへの期待

現行のデミオは、燃費が自慢のスカイアクティブエンジンを搭載しましたが、売れ行きはと言えばスカイアクティブより、お買い得なベーシックエンジンの方が売れたようですね。

これはスカイアクティブエンジンの魅力というより、価格や値引きの方を皆が選んだという結果でしょう。

しかし、2014年3月にジュネーブショーで公開された新型のデミオは、ディーゼルエンジン搭載モデルに期待が持てます。
価格は160万円台後半という高額な車になりそうですが、意外と欲しがっている人もいるようで、フィットハイブリッドやアクアの競売車として考えているそうです。

ジュネーブショーでは全長4070×全幅1730×全高1450?と発表され、新開発のスカイアクティブ1.5リッター直4ディーゼルエンジンは、通常の2.5リッターエンジンと同じくらいのトルクを出すようです。
もし、このディーゼルエンジンを1100?級のボディーに積めばかなり楽しい車になると思いますね。

現行のデミオは実用車だった感じでしたが、新型デミオはスカイアクティブエンジンの新開発により、最近のマツダの意気込みを感じますね。

2014年の秋頃に発売を予定しているそうですが、その期待は大きなものになるのでしょう。