甥っ子の愛車はトヨタ車です。

甥っ子が去年、高校を卒業して就職しました。

といっても、工業高校だったので無事に就職できたのはとても、喜ばしいことなんです。

何しろ、最近はなかなか、就職できない話も耳にしますからね。

というか、娘の通っている高校でも高校卒業後の就職は難しいと聞いていましたから。

運よく、就職できてよかったなと思うんです。

ただ、正月、彼が車を運転してきたのはびっくりしましたよ。
といっても、十八歳で免許は取れますからね。
で、当然、彼は十八歳以上ですから免許を持っていたとしても不思議ではないんですか。
運転していた車は彼の愛車だというんです。
ちなみにトヨタの車です。

まぁ、トヨタ系列の車だというのは別に珍しいことではないんですよ。
だって、彼の住んでいるところは三重ですから。
東海三県はやはり、トヨタが地元にあるだけあってトヨタ車が圧倒的に多いんです。
とはいえ、主人の車はホンダなんですけどね。

ただ、甥っ子がすでに車を持っていたのに驚きましたが。
甥っ子の親、つまり、この場合は主人の妹夫婦なんですが。
とある理由で車を手放していたんですよ。
正直、わざわざ、購入せずに親御さんの車をもらえばよかったのにと思ったわけです。
といっても、本人達の自由なんですどね。