一度は乗ってみたいキャデラックCTS

キャデラックATSの次に登場したのがCTSです。

このCTSはキャデラック5シリーズやEクラスのセグメントであり、その為にATSよりひとまわり大きなボディーをしています。全長4970×全幅1840?のEクラスサイズで、ホイールベースは2910?と超ロングです。

エンジンは2リッター直4ターボで276psを絞りだし、最大トルクはなんと400N.mなので、1.7tのボディーを引っ張るには十分なパワーとトルクですね。

ギヤボックスは6速トルコンATで、タイヤはアメ車に相応しく18インチの40扁平を履いています。

ブレーキはブレンボ社製モノブロックのキャリパーで、フロントは後ろ掴み、リアは前掴みのキャリパー配置になっており、前後の重量配分を良く考えてあります。

アメ車とはいえ、BMW的なFRのスポーツセダンに仕上がっている感じを受けますね。

また、最近の高級車セダンはゴルフバックが積めない車もありますが、このキャデラックCTSはゴルフバックが3つほど積める広さがあり実用性が高いです。

トランスミッションは6速ATのみで、ステアリング裏にパドルスイッチがありMT操作も可能です。

一生のうち一度は乗ってみたいですし、キャデラックというブランドにも憧れますね。