口臭と舌の関係

口臭に絶対的な関係があるのは

舌と言われています。

口臭と関係あるのは歯磨きの不足さや

アルコールやニコチン・タールだけではなく、

1番口臭に関わっているのは舌です。

舌は、体調の善し悪しが分かったりと

体の様子を知るのにとても重要な部分

となっています。

舌の汚れは必ず口臭に繋がります。

健康的で臭いを発さない舌は、

綺麗なピンク色で舌にある小さなプツプツが

突起している状態です。この状態ならば、

口臭の心配はなく舌が原因となっている

場合はないに等しいです。

反対に口臭の原因となっている舌は、

汚れていてそれを舌苔(ぜったい)と

言います。舌苔が付着したままの舌は、

不純物が付いていて舌の表面の色が

白くなっています。

この白くなった不純物は、歯に付着している

歯垢と似ていて細菌であったり歯周の周りから

出る血液成分・剥がれ落ちてしまった皮膚の

細胞などが付着したために汚れてしまいます。

なので歯磨きだけではなく、

舌を磨くことも口臭を予防する

一つの手段となります。

舌は自分の健康状態の異常に対して

素直に反応します。

口臭が気になっている人は、

舌を鏡でチェックしてみることを

オススメします。チェックした上で

舌の色が白い人は、舌磨きをして

口臭を抑えましょう。

【人気プログラム】


歯科衛生士が歯科医師に内緒でこっそり伝授!虫歯と決別!30日間プログラム