口臭と舌の関係について

匂いの強いものを食べた時だけではなく、なんとなく疲れている時や、熱があり体の調子が悪い時などに口臭が強くなるような気がします。

口の中を見てみるとなんだか舌が白っぽい。舌についた舌苔が口臭の原因の一つです。

舌苔とは、舌についた汚れ。アルコールを飲んだ時、疲れがたまっているときなどに付着しやすいそうです。

普段はそれほどでもないのに、疲れた時に口臭がしてくるのは、唾液の量が減っているからです。私たちの口の中は、唾液によって自然と汚れを洗い流すシステムになっています。でも、何かの理由で唾液の出る量が減ると汚れを洗い流すことができずに汚れがたまり、匂いを発生させるのです。

では、その舌苔をゴシゴシとこすって舌苔を落としたらどうでしょう。舌ブラシなんていうのもありました。

歯医者さんに聞くと、それはやってはいけないことだそうです。舌をゴシゴシこすったり、強い洗口液などで洗ったりすると舌の唾液を出す機能を損なうことがあるそうです。

気になる時ほどゴシゴシやっていたのですが、逆効果だったのですね。

唾液には浄化作用があり、口の中に唾液がたくさん出ているほど匂いの原因になる汚れや菌を洗い流すことができるのです。

口臭予防のために、舌と唾液は大事にしたいものです。

【人気プログラム】


歯科衛生士が歯科医師に内緒でこっそり伝授!虫歯と決別!30日間プログラム