口臭と舌垢の関係。実は逆だった。

口臭は舌垢も原因の一つだと思っていました。

1日分の食べた物などが舌に残っていて、それが時間とともに口臭に変わっていくんだと思っていました。

それに胃酸が湧いて口が酸っぱくなる私は

すぐに舌が黄色くなり、口の中も気持ち悪くなるので、歯磨きの時はゴシゴシと歯ブラシで舌磨きもしていました。

それが実は逆効果だったことを知ったのです。

舌はストレスや体調の変化ですぐに動きが停滞。

するとサラサラだった唾液がネバネバとした唾液に変わり、口臭の原因になるのです。

溜まった舌垢が気持ち悪くて

歯ブラシでゴシゴシと舌磨きをすると

スッキリはしますが、実は唾液を溜めておく役目をする「舌乳頭」が一緒に失われ、結果

唾液を溜めておけなくなりドライマウスになって口臭が酷くなるそうです。

そもそも口臭は唾液の動きが停滞することでおこるので、唾液の動きを良くする方法を実践すれば

舌垢も溜まらず、口臭もしなくなるということです。

昔、忍者は誰にも気付かれず身を忍ばせておかなくてはなりませんでした。

そうすると緊張で口が乾くのです。

口が乾くと口臭で敵に見つかってしまいます。

その対策として、常に口の内側をクルクルと舌で撫でていたそうです。

そうすることによって唾液の流れを良くして口臭を防ぐのです。

これは現代の私達にも役立つことだと思います。

口が乾いてきたら舌を磨くのではなく

舌を動かしてみると良いのではないでしょうか。

【人気プログラム】


歯科衛生士が歯科医師に内緒でこっそり伝授!虫歯と決別!30日間プログラム