口臭・病気について

口臭ってかなり、気になるものです。

ですが、その口臭がある病気からきているものだったらどうしますか。

なかなか、問題ですよね。

糖尿病、尿毒症、肝硬変、それに慢性肝炎。

それに糖尿病での口臭ならなおさらなんです。

糖尿病っ病状が進行するとなかなか、厄介です。

糖尿病では、アセトン臭、ケトン臭がするんだそうです。

なんでも、アセトン臭というのは甘酸っぱい、りんごが腐ったような臭いなんだそうですが。

実際、臭いことには変わりないんです。

肝性昏睡では、ねずみ臭なんだそうですが。

っていうか、ねずみ臭なんてどんな臭いなのかよく分かりません。

尿毒症では、アンモニア臭なんだそうです。

アンモニア臭ってやっぱりお便所の臭いでしょうか。

代謝性疾患は病状によって、さまざまな臭いが発生するわけです。

で、代謝に異常があるので、運動をしたり、健康な食生活するほうがいいでしょう。

そうすれは病気は快方に向かうんです。

とにかく、皆、口臭になると迷惑な感じです。

あと、忘れはいけないのが歯周病です。

歯周病もかなり、進行すると厄介です。

第一、歯周病なら口の中の病気なんですが。

臭いことには変わりないんです。

とにかく、病気を治して口臭を撃退するのが大事だと思います。



【人気プログラム】


歯科衛生士が歯科医師に内緒でこっそり伝授!虫歯と決別!30日間プログラム