口臭から考えられる病気について

口臭から病気をイメージすると虫歯や歯周病がまず一番に考えられますね。 それ以外にも内臓などに病巣がある場合、病気の兆候が口臭として現れることがあるそうです。

?消化器系の疾患、例えば胃潰瘍、肝炎、慢性胃炎などが疑われます。

胃が悪いときは甘酸っぱいリンゴが腐ったような臭いがします。

肝臓の働きが弱ると臭いのもととなる物質が肝臓で分解できなくなり血液に溶け込み肺に運ばれてネズミ臭い臭いがします。

?代謝系の疾患は糖尿病、尿毒症、肝硬変、慢性肝炎などが疑われます。

甘酸っぱいアセトンの臭いがするときは糖尿病、アンモニア臭いときは尿毒症が考えられます

?耳鼻咽喉系の疾患は慢性鼻炎、副鼻腔えん、慢性扁桃腺炎などが疑われます。

鼻水が喉や鼻腔にたまり、バイ菌が繁殖して口を通って出てくるのが臭い原因になります。

?呼吸器系の疾患は気管支炎、肺脳腫、肺炎などが疑われます。

気管支や肺に病巣がある場合、化膿菌などで細胞組織が破壊され、魚や野菜の腐ったような臭いがします。いわゆる生ゴミの臭いがします。

以上のような病気からくる口臭は全体の1%で ほとんどは口の中の病気、歯周病や虫歯だそうです。

変だなぁと感じたら早めに医者に見てもらうことをおすすめします。

【人気プログラム】


歯科衛生士が歯科医師に内緒でこっそり伝授!虫歯と決別!30日間プログラム

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)