口臭に関する病気について

口臭を気にする人は、本当に多いですよね!

私も気にしていますし、人に指摘されるのでは?といつも思ったりします。

まず口臭の一番の原因の病気と思われるのが、『歯周病』があげられます!

歯肉炎でも、臭いがする場合がありますが、

ダントツに、強烈で独特の臭いがするのが、歯周病なのです。

すごい酷くなると、その人がいるだけで、プーンと臭ってきたりするそうです。

まだ炎症がおきてない時は、普通の健康な人は、歯肉の色が『ピンク色』をしていて、『スティップリング』というものが存在しますが、歯磨きしなかったりすると、炎症が起きてきて、やがて歯肉が赤く腫れてきます。

そうすると、歯を磨いた時に出血したりする事もあるのです。

そうなると、歯肉炎に移行します。

ただまだこの時点で、しっかりブラッシングすれば、歯周病には、なりません。

しかし、その状態を放置すれば、歯周病に移行して、歯を支える『歯槽骨』が溶け出して、やがて歯と歯周組織と呼ばれるものの間に歯周ポケットができて、細菌の塊が毒素を出し、嫌な臭いになってしまうのです。

酷くなると、歯がグラグラと動きだすので、その前に予防したいものです。

またあまり気にしすぎて、口臭症という病気もありますので、歯医者さんに相談するのがいいと思います!

【人気プログラム】


歯科衛生士が歯科医師に内緒でこっそり伝授!虫歯と決別!30日間プログラム

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)