口臭をなくす為の治療

歯ブラシや補助器具を用いても、どうしてもとりきれない汚れというものもあります。

その時は、プロに頼るのが一番だと思います!

それは、ズバリ『歯医者さん』です。

まだ歯肉の縁にある歯垢なら、自分でとれたりしますが、歯垢から歯石になってしまいますと、歯科医師や衛生士に頼るしかありません。

歯垢は、汚れを落とせずに残したままでいると、細菌が2日〜3日の内に歯石に変化させてしまいます。

まだ目で見える範囲の歯石でしたら、歯石の除去=スケーリングもやりやすいそうです。

しかし、歯周病の方で、固い歯石が、歯肉の縁の下にある見えない黒い歯石は、歯科医師でないと、とることができません!

しかもとりにくく、とるときに痛みを伴う事もあります。

私も以前に麻酔なしでガツガツやって頂きましたが、毎回泣けるほど痛かったのです。

歯周病の方は、歯を支えている歯槽骨という骨が少しずつ溶けていき、そこに歯周ポケットというポケットが形成されます。

そこは、ハッキリ言って、細菌のすみかになっています。

深ければ深いほど、事態は深刻になります!

最悪は、歯を支えている歯周組織の歯槽骨がすごく減ってしまい、歯が勝手にポロンと抜けてしまいますので、早めに歯医者さんに行く事をお勧め致します!

【人気プログラム】


歯科衛生士が歯科医師に内緒でこっそり伝授!虫歯と決別!30日間プログラム