口臭・対策

口臭とは、口の中から臭うタイプの口臭や体内の分泌物や内蔵の状態から来るものなどさまざまな原因があります。

口のタイプですと、歯の状態、入れ歯の状態、口の中の状態などがあります。

タバコやお酒を飲む人は、口が臭ったりします。

口の臭いが自分で臭ったりすると他人にも臭ったりしているんじゃないか?と思ったりしませんか。

そう言う時は、原因から突き止めるべきです。

まず、口の中の唾液はどうですか? 口の中の唾液の分泌量が少なくないですか? むしろ、唾液がなく乾いてないですか?

それは口臭の原因になります。 そう言う時は、口の中の空間を広くして、舌を、左右 上下に動かしてみてください。

そうすると唾液が出てきます。 これで少し口臭を押さえることが出来ます。

口の中が乾いていると、臭いの原因になる菌などが、繁殖していきます。

そうすると口臭が臭うようになります。

ですが、常に口の中を潤わせていると乾燥から来る、菌の繁殖を押さえることが出来ます。

対策として、唾液を出しておくのがいいです。

その場合、どうすればいいのか、簡単です。

いつもの食事の時より、意識して噛む量を増やしてやるのが効果的です。

また、過度のダイエットは唾液の分泌量の減少になります。



【人気プログラム】


歯科衛生士が歯科医師に内緒でこっそり伝授!虫歯と決別!30日間プログラム