1型糖尿病は、血糖値を下げるために注射をする

1型糖尿病は、糖尿病の中でも5~10%と少数派の糖尿病です。多くの糖尿病は生活習慣で発症しますが、1型糖尿病は生活習慣に関係ありません。遺伝が原因とも言えず、原因は不明で根本的な治療法が分かっていない糖尿病です。そして、1型糖尿病は小児期に発症する事が多いので小児糖尿病とも言われています。

1型糖尿病は、すい臓でインスリンを作る細胞が破壊されてインスリンが作れなくなります。インスリンが分泌されなくなると血糖値を下げれなくなり、急激に血糖値が上がれば昏睡状態となります。また、合併症を引き起こす場合もあります。

1型糖尿病は、インスリンが欠乏してるためインスリン注射でそれを補っていきます。子供でも注射が打てるようなペン型注射などもあります。インスリン注射を携帯して持ち歩けば、必要な時にインスリンを補えます。

また、すい島移植や再生医療などの手術の研究も進んでいて、昔なら死を待つしかなかった糖尿病が治療できるようになってきました。糖尿病のための基金もあり、金銭面をサポートする事もできます。また、同じ患者を紹介してもらって交流する事もできます。

科学も社会も発展して1型糖尿病患者を支える場が整いつつあるので、悩むのは1人じゃないと頑張りましょう。