血糖値 下げる 物質/玉ねぎ<イソアリイン>

【血糖値を下げる物質】の範囲は広く、ホルモンの一種であるインスリン、栄養成分ミネラルに含まれている亜鉛などの成分も含まれます。

血糖値を下げる主体的な物質としては、玉ねぎに含まれている<イソアリイン>があります。

玉ねぎは、生活習慣病の予防改善に大変効果が高い食材で安く手に入るので進んで摂取しましょう。

玉ねぎに含まれている<イソアリイン>は、インスリンの働きを高め血糖値を下げてくれる成分です。

その他にも生活習慣病の動脈硬化を予防、血液をサラサラにしてくれる成分<ケルセチン>と<アリシン>も含まれています。

また<イソアリイン>は玉ねぎを切ったときに目が痛くなり涙が止まらなくなるという成分で、イオウ化合物です。

<イソアリイン>の強力な血糖値降下力を得るためには、玉ねぎを生のまま食べるのが一番効果が大きいです。

だからサラダにして食べるのが良いですが、玉ねぎを切ってから水にさらすと、<イソアリイン>が水に溶けやすく効果・効能が半減します。

ですので、
玉ねぎを切っても水にさらさず、そのまま食べるのが理想的です。

玉ねぎの辛味成分が【血糖値を下げる】ので、玉ねぎ生サラダを積極的に食べましょう。

玉ねぎの辛味が苦手で、玉ねぎを切るのも大変という人は、玉ねぎ成分が凝縮されているサプリも良いです。