血糖値を急激に下げる食事の方法

血糖値が高いと判断された場合にはいくつかの改善方法がありますが、やはり日々の積み重ねとなる食事の方法を見直してみると良いでしょう。
先ず最初にご紹介させていただく方法は『ゆっくり良く噛んで食べる』と言うことです。これは皆さまが子供の時に親御さんや小学校で習ったことですが、中々実行に移せていない方がいるのが現状です。方法は至って簡単でして一回の食事には最低でも15分間はかけるようにします。これはどうしてかと言いますと、15分未満ですと満腹感を感じる前に食べ過ぎてしまうからです。当然短時間にどんどんと詰め込んでしまうと血液中の糖分も上がってしまいます。またゆっくり噛んで食べることに慣れていない方は野菜やキノコなど食物繊維が豊富で噛みごたえがある物を先に食べるとよく噛まないと飲み込めない為に食事自体の時間もかけられますし食べ過ぎ防止にも役に立ちます。
そして次にご紹介をする内容は上の内容の延長ですが、食べる順番を変えると言うことです。特に日本人は白米や麺類が好きですので、食事の最初からこれらを口にするとどんどん食べしまうのは仕方ないことです。ですので最初に野菜類を食べて満腹中枢を刺激してお腹を満腹にして、最後に白米を食べる様にすれば糖質が多い炭水化物類を食べ過ぎる事がなくなるのです。特にこの方法は夜ご飯の時に実践をすると大体の方は夜ご飯後はエネルギーの消費が少ないので効果があります。ダイエットにも直結しますので急激に血糖値を下げる方法としてお勧めです。