血糖値を下げる栄養成分が「がんを予防する」

野菜に含まれている【血糖値を下げる栄養成分】ががんを予防します。

ブロッコリーに含まれている「スルフォラフォン」が体内に取り込まれると、化学物質の毒物作用が無くなり、活性酸素を抑える働きが高まることで、がんを防止します。

「スルフォラフォン」は特に植物の新芽に多く含まれています。

例えば、
菜の花、ケール、白菜、芽キャベツ、きゃべつなどの芽に含まれているので、普段の食事メニューにプラスすると、老化防止に効果があり、がん予防が発揮されます。

このことはスウェーデンのある医療機関での研究結果によって明らかにされています。

「スルフォラフォン」濃縮エキスを投与された糖尿病患者のブドウ糖生成力が抑えられ、血糖値が正常にコントロールされ、高血糖値が改善されたことが明らかになりました。

【血糖値を下げる】ことは、ついには、がん予防になります。

実際、医療機関には、血糖値を下げるため、インスリン分泌を促進する薬と、インスリンの働きを高める薬とがあります。

薬は飲み薬と注射薬があり、結果的にがんを予防することに繋がるので、【血糖値を下げる】ことが、がんを予防する一つの方法になります。

ですので、インスリンの働きが十分効かない脂肪太りの人は、血糖値低下に効果がある薬を定期的に利用するというのも良い方法だと思います。