血糖値を下げる市販の薬はある?

糖尿病になってしまったり、血糖値が高めだと言われてしまったら、何とかして血糖値を下げる努力をしなくてはなりません。

血糖値が高い状態が続くと、様々な合併症を招くリスクも高くなってしまいます。

合併症を予防するためにも、血糖値を下げることを第一に考える必要があります。

血糖値は生活習慣の乱れが主な原因なので、下げるためには生活習慣の改善が必要不可欠。

病院でも、まず最初に言われるのは「生活習慣の見直し」なんですよ。

しかし、生活習慣の見直しは簡単なことではないので、なかなか思うような効果が出ないこともあるもの。

そんなときに使われるのが、血糖値を下げる効果のある薬です。

血糖値を下げる薬は医師の処方のもと使われるものですが、もっと手軽に手に入れることができたらいいのに…と思うことはありませんか?

もしも風邪薬のように市販のものがあったら、わざわざ病院へ行かなくても血糖値を下げる薬を飲むことができます。

そこで、血糖値を下げる市販の薬について調べてみましたよ。

血糖値を下げる市販の薬はない!

結論から言いますと、ドラッグストアなどで買える血糖値を下げる薬はありません。

手軽に手に入ればかなり便利ですが、残念ながら血糖値を下げる市販薬はなく、医師の処方が必須になります。

なぜ市販薬がないのかというと、血糖値の管理は素人には難しいからだと言えるでしょう。

症状も人それぞれ異なりますし、場合によっては血糖値が下がりすぎてしまって危険なこともあるのです。

ドラッグストアなどには、第2医薬品として「糖解錠」というものがあります。

こちらは生薬がメインの薬で、漢方薬のようなイメージのもの。

第2医薬品としての扱いではありますが、サプリメントなどの健康食品と同じ程度の効果しか期待できないのが現状でしょう。

使われている成分も、漢方薬とほとんど変わりません。

やはり血糖値を下げることのできる薬は、医師の処方がなければ手に入れることはできないのです。

個人輸入で手に入れることは可能

血糖値を下げる市販薬は売られていませんが、個人輸入という方法で手に入れることはできます。

インターネット通販を使えば、誰でも簡単に購入することが可能です。

個人輸入で手に入れる血糖値を下げる薬には、

・αグルコシターゼ阻害剤
・インスリン抵抗性改善薬
・スルホニル尿素系
・ビグアナイド系

の4種類があります。

αグルコシターゼ阻害剤は、小腸での糖質の分解を抑制することで血糖値が上昇するのを防ぐことができます。

インスリン抵抗性改善薬は、チアゾリジンジオン誘導体という物質によりインスリン抵抗性を改善することができるもの。

インスリン抵抗性改善薬は1つの働きだけでなく、複数の働きによって効果を発揮するので、糖尿病の人の血糖値を下げるためにもとても効果的だと言われている薬の1つです。

そして、スルホニル尿素の薬はインスリンの分泌を促進する働きが、ビグアナイド系こ薬は食欲そのものを減らしたり、ブドウ糖の吸収を抑制する働きがあります。

個人輸入というシステムを使えば、この4種類の薬を買うことができますが、自分にどのタイプの薬が適切なのか分かりますか?

正しい知識がないと、血糖値を下げる薬を選ぶことはできません。

まとめ

血糖値を下げる市販薬はなく、医師の処方なしで薬を買うためには、個人輸入を利用するしかありません。

しかし、個人輸入で買った薬を飲んで何かしらの副作用が起こっても、それはすべて自己責任になります。

何かあってからでは取り返しがつかないことにもなりかねませんから、安易に個人輸入で血糖値を下げる薬を買うのではなく、やはりきちんと医師に診察してもらい、もっとも適した薬を処方してもらうことをおすすめします。