血糖値を下げる効果のある中国茶はこれだ!

血糖値を下げる効果のある中国茶はこれだ!

みなさんは、普段どんなお茶を飲んでいますか?

お茶は日常の水分補給にもなりますし、ちょっと一息つきたいときなどにもおすすめです。

そして最近では、様々な効能のあるお茶も販売されるようになりました。

「トクホ」のお茶も増えてきましたよね。

さて、ここでは日本茶ではなく、中国茶に注目してみましょう。

中国とお茶の歴史は深く、たくさんの中国茶が日本でも売られていますね。

そんな中国茶のうち、血糖値を下げる効果のあるものは何があるのか、調べてみました。

【中国茶のプーアル茶は血糖値を下げる!】

プーアル茶は、緑茶を麹菌で半年から2年くらい発酵させたもので、中国では古くから飲まれてきました。

そして、はるか昔から糖尿に効くと言われていたそうです。

なぜプーアル茶が糖尿に効く(血糖値を下げる)のかは、はっきりとは分かっていません。

まだ詳しいことは研究段階なのですが、プーアル茶に含まれる

・サポニン
・重合型カテキン
・酵素

この3つが血糖値を下げることと関係していると言われています。

特に酵素は私たちが生きるためには欠かさないもので、消化や代謝に関係しているもの。

体内で作られる酵素には限りがあり、年齢と共に減少していくため、歳を取ると消化だけですべての酵素を使ってしまうことも。

酵素が含まれるプーアル茶を飲むことで、糖質の代謝も促進することができるのです。

血糖値を下げる働きのあるホルモン、インスリンを助ける働きもあるのだとか。

これは、かなり期待できそうですよね!

実際、糖尿病のマウスに対して行った実験では、プーアル茶、糖尿病の薬、水のそれぞれを42日間与え続けた結果、プーアル茶を与えられたマウスは血糖値が42%も減少していました。

生存率に関しても、糖尿病の薬を与えられたマウスよりも、プーアル茶を与えられたマウスのほうが高かったんですよ。

ヒトでも同じような実験が行われており、ヒトの場合は、プーアル茶を飲んでいた人は平均で血糖値が35%も下がり、そのうち40%の人が平均値まで血糖値を下げることに成功しました。

血糖値を下げる薬には少なからず副作用がありますから、そのことを考えてもプーアル茶で血糖値が下がるのはありがたいですよね?

お茶なら、当然ですが副作用はありません。

なぜプーアル茶で血糖値が下がるのか、その医学的な詳しいメカニズムはまだ分かっていません。

プーアル茶と血糖値に関する研究は、まだ始まったばかりなのです。

とはいえ、プーアル茶で血糖値が下がるのは臨床実験でも実証済み。

健康診断で血糖値が高めだと言われた人は、毎日の水分補給にプーアル茶を取り入れてみてはいかがでしょうか。

プーアル茶は中国茶とはいえ日本でもメジャーなお茶なので、スーパーなどにも売られています。

手軽に手に入るという点でも、プーアル茶は取り入れやすいと言えるでしょう。

【まとめ】

血糖値を下げる中国茶について、お話ししました。

中国茶にはたくさんの種類がありますが、中でもプーアル茶は血糖値を下げる効果が非常に高いといえます。

日常にも取り入れやすいお茶なので、血糖値が高いと言われたあなたは、ぜひプーアル茶を取り入れてみてください。

飲むだけなので、めんどうくさがりなあなたもきっと続けられることでしょう。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)