血糖値を下げるゴーヤ茶は苦味成分に秘密がある

ゴーヤ(ニガウリ)は夏になると目にする機会が多く、沖縄ではゴーヤを使った料理が有名ですよね。ゴーヤは苦さが癖になり、その苦さに血糖値を下げる秘密があります。

ゴーヤで苦味を出す成分は、チャランチンという成分です。チャランチンはインスリンの分泌をスムーズにする働きがあり、血糖値を下げて糖尿病を防ぐ役割があります。
また、チャランチンはインスリンに似た働きをするため、植物インスリンとも呼ばれます。そのため、ゴーヤを体に取り続ければ血糖値を下げるためにチャランチンが活躍し、糖尿病になりにくい体作りができます。

そしてコロコリン酸もゴーヤには含まれていて、血糖値を安定させる働きがあります。

ゴーヤは血糖値を下げる食べ物ですが、苦さが苦手で食べられない、たくさん食べると気分が悪くなると苦手意識を持つ人もいるでしょう。そこで、ゴーヤ茶ならば苦味を抑えてゴーヤを体に取り入れる事ができます。それでもまだゴーヤ茶が苦手ならば、冷たくして飲むと苦味が弱くなります。

ゴーヤ茶は市販のものを購入できますが、ゴーヤを乾燥させて自分で作る事もできます。ゴーヤ茶が好みになったら、自分でゴーヤを育てる事から始めると血糖値を下げる生活が楽しくなりますよね。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)