血糖値を下げるコーヒーの飲み方

コーヒーは血糖値を上げる働きもありますが、下げる働きもあります。血糖値を上げるのは、コーヒーに含まれるカフェインがアドレナリンの分泌を促し、このアドレナリンはインスリンを抑制してしまうからです。インスリンは食後に分泌が盛んになるため、食後のコーヒーは血糖値を上げてしまいます。

しかしコーヒーは血糖値を下げる働きがあるのも事実です。これは、PGC1αがカフェインに含まれていて、ミトコンドリアを活性化させて血糖値を下げるからです。この働きを利用するためには、食前のインスリンがまだ活発に分泌されていない時にコーヒーを飲むようにします。そうするとコーヒーのカフェインがインスリンの分泌を阻害する働きが目立たなくなり、血糖値を下げる働きがあるPGC1αの働きが目立つようになります。

つまり、インスリンが活発ではない時は、食前や空腹時です。この時にコーヒーをブラックで飲むようにします。コーヒーに砂糖を入れてしまうと、糖を分解しようと血糖値が上がりやすくなるので注意しましょう。

ただし、空腹時や食前のコーヒーは胃を荒らしてしまうデメリットがあります。そのため、コーヒーを食前に飲むならゆっくりと飲み、少量で満足できるように工夫しましょう。糖尿病の人はコーヒーの摂取には注意してください。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)