血糖値を下げるグルコティーの成分

昨今トクホに代表される私たちの健康を司る為のお茶が注目されています。そんな中でも糖尿病や成人病の原因ともなる血糖値を下げる為のグルコティーが注目されています。今までグルコティーをご存知なかった方のためにどうしてグルコティーは血糖値に対して効果があるのかと言いますと、それには含有されている成分に深く関係があります。

まずグルコティーに含まれる代表的な成分としてはギムネマ、ゴーヤ、シナモン、ステビアなどの薬草になり、これらは以前から欧米の医療機関で使用されている物になります。それぞれの成分について軽く触れておきますと、ギムネマは糖分の吸収を抑えてくれる働きがありますし、甘味を抑えてくれる効果もあるのです。またゴーヤはインスリンと近い働きをするタンパク質が含まれています。因みにインスリン注射は低血糖になる可能性がありますが、ゴーヤは低血糖になる事を抑えて血糖値を安定させてくれる働きがあります。そしてシナモンは学会でも発表されましたが、タイプ2の糖尿病に効果がある事が明らかになっています。そしてステビアは食事療法でも取り入れられている植物となり、糖尿病に効果があります。

この様にグルコティーに使用されている材料は自然界にある物を使用しているという事がポイントになります。またグルコティーの飲み方についてですが、ティーパックの場合には75度のお湯240cc注いで一日1回~2回飲む様にします。

ただ気をつけないといけない点が1つだけありまして、グルコティーを空腹時に飲んでしまうと血糖値が下がり過ぎてしまう可能性があります。特に糖尿病の薬を飲んでいる方は食前食後で血糖値を測って飲み方を調整すると良いでしょう。

グルコティーなら「ドクターズチョイス グルコティー」を試してみて下さい。血糖値を下げてくれるお茶として人気です。