血糖値を下げるグルコティーのハーブの力

中高年の年代になると気になるのが血糖値です。しかし、気を付けたいと考えていてもついつい脂肪や糖をとりすぎてしまうのが現状です。そんなときには、日頃からお茶などで血糖値をコントロールすることができるのです。それが、血糖値を下げると言われる魔法のお茶、「グルコティー」です。このグルコティーは、インスリンの分泌をスムーズに促し、血糖値を下げる役割を持っています。インスリンの分泌を活発にする5大ハーブがさようして血糖値を下げる働きをします。グルコティーに含まれているハーブは、ギムネマ、ステビア、ゴーヤ、シナモン、カモミールです。ギムネマには、ブドウ糖の吸収を抑制する働きがあります。血糖値を正常化する働きがあります。ステビアには、インスリンの働きを活発にする効果があります。意外と知られていませんが、ゴーヤには、血糖値を安定させる働きがあります。また、シナモンやカモミールにも、血糖値を下げる働きがあるのです。日頃身近にあるハーブの食材の効果が、血糖値の正常化へとつながります。飲み方は普通のお茶と同じでホットかアイスで飲むだけです。飲むタイミングですが、血中の脂肪や糖の吸収を穏やかにすることが目的のため、食事と一緒にお茶として飲むのが望ましいです。