血糖値を下げるには足踏みが効果的?

血糖値を下げるには足踏みが効果的?

血糖値を下げるためには何が必要か、みなさんは知っていますか?

血糖値を下げるために必要なことは、主に「食生活の改善」と「運動」の2つ。

食生活の改善は血糖値を上げにくくすること、そして運動は血糖値を下げることにつながります。

運動では、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動が必要だと言われていますが、毎日続けるのは簡単なことではありません。

時間的なものもあるでしょうし、天気も関係してきます。

ジムに通うのも1つの方法ですが、お金がかかるという点はデメリットですよね?

そんな人にもおすすめなのが、その場で足踏みをすること。

https://beauty-plus.pink/post-8599/

 

足踏みならばジョギングやウォーキングのように天気に左右されることはありませんし、ジムのようにお金がかかることもありません。

ここでは、血糖値を下げるために足踏みがおすすめな理由をお話しするとともに、正しい「その場足踏み」のやり方もご紹介しましょう。

【血糖値を下げるために足踏みがおすすめな3つの理由】

血糖値を下げるための運動というと、やはりみなさんがイメージするのは、冒頭でもお話ししたようなジョギングやウォーキングではないでしょうか。

ジョギングやウォーキングは誰でもできる運動とはいえ、続けるのは簡単なことではないでしょう。

どうしても「めんどうくさい」という気持ちが出てしまいますし、天気や気温などで一度やめてしまうと、そのまま終わってしまうということも。

血糖値を下げるための運動は続けることが何よりも大切なことなので、無理なく続けられるものを選ばなくてはなりません。

そこでおすすめなのが、その場で足踏みをすること。

足踏みがなぜおすすめなのかというと、その理由は主に3つあります。

・激しすぎない
・継続しやすい
・生活の中に取り入れやすい

普段あまり運動をしていない人からすると、たとえウォーキングであってもハードルが高く感じるもの。

足などに負担がかかってしまうこともあります。

しかし足踏みなら他の有酸素運動と比べて激しくないので、ハードルが低いのです。

誰でも行える運動、というわけですね。

また、つらすぎないので継続もしやすい運動だと言えるでしょう。

つらくて筋肉痛になるような運動だと、どうしてもなかなか続かないですからね…。

そしてなにより、足踏みは生活の中に取り入れやすい運動です!

ジョギングやウォーキングは、わざわざそのための時間を作らなくてはなりません。

仕事や家事が忙しいと、運動のための時間を作るのは難しいですよね?

しかし、足踏みならばわざわざ時間を作らなくてもOK。

歯磨きをしながら、テレビを見ながらなどの「ながら運動」でできてしまいます。

これなら、他の運動よりも続けやすいですね。

【正しい足踏みのやり方は?】

足踏みといっても、ただその場で足踏みをすればいいというわけではありません。

血糖値を下げるためには、きちんとやり方があるのです。

ここでは正しいやり方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

まず、足踏みをするときは背筋を伸ばして行います。

そうして、その場で太ももが床と平行になるくらいまで上げましょう。

早くやる、たくさん行うことよりも、ゆっくりと1回1回を大切に行うといいです。

足を下ろすときにはつま先からゆっくりと下ろしましょう。

足は高く上げるほうが運動量が増えますから、無理のない範囲で足は高く上げてみてください。

腕もしっかりと振るといいですね。

テレビのCMのとき、ポットのお湯が沸くまでなど、日常生活の合間にも取り入れやすいのでおすすめです。

こまめに行うといいので、まめに足踏みをしてみてください。

目安は、1日で合計30分くらい行うこと。

1日のうちの30分でいいので、ウォーキング30分より難易度は低いと思います。

【まとめ】

血糖値を下げる運動、足踏みについてお話ししました。

足踏みならば誰でも簡単にできるので、運動が苦手な人でも続けやすいです。

ぜひあなたも取り入れてみてくださいね。

コメント投稿一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)