血糖値を下げるには糖質を控えましょう

血糖値を下げるには糖質を控えなければなりません。糖質は血糖値を上げてしまうので、なるべくならば摂取を控えることにより、血糖値を下げていくことが可能となります。甘いお菓子はもちろん、ジュースやお酒、さらに白米なども糖質なので、摂取を控えなければなりません。お菓子やジュースならばまだしも、白米は食べたいという方にお勧めの方法があります。それは、食事の前に、酢物野菜や生野菜などを食べてから食事を取ることです。酢物野菜や生野菜から食べることにより、血糖値の急上昇を防ぎ、血糖値の上昇を緩やかにしたり、下げたりする効果がありますので、とてもお勧めです。さらに、白米を冷やして食べることもお勧めです。白米を冷やして食べると、レジスタントスターチというものが働き、糖質を抑えることが出来ます。つまり、酢物野菜や生野菜から食べて、白米を冷やして食べることにより、糖質を抑えることが出来るのです。一番危険なのは、お腹が空いた状態で糖質を摂取してしまうと、血糖値が急上昇してしまうので、お腹が空いている時こそ理性を保ち、血糖値を上げないように、糖質を控えましょう。この方法に合わせて、適度な運動や規則正しい生活を送ることにより、血糖値は下がっていきます。