血糖値を下げるには白米は控えましょう

血糖値を下げるには白米は控えましょう。白米は糖質なので、血糖値を上げてしまう効果があるために、なるべくならば、控えなければなりません。しかし、日本人は子供の頃から白米を食べ続けているので、全く食べないということは、とても大変なことだと思います。そこでお勧めの方法があります。それは、白米を冷やしてから食べるという方法です。白米を冷やしてから食べることにより、レジスタントスターチというものが働き、糖質を抑える効果があり、さらにそれを食物繊維として機能させる力があるので、糖質を上げることを抑えてくれます。この方法に合わせて、食前に酢物野菜や生野菜、スムージーや豆腐などの血糖値を下げるものを食べておけば、効果はさらに上がります。もちろん、普段生活から糖質を抑えることは大前提として、適度な運動や規則正しい生活を送ることにより血糖値を下げていくことが出来ます。白米は冷蔵庫に入れて、冷やすだけで良いので、誰でも行うことが出来る簡単な方法となっています。レジスタントスターチは白米以外にもうどんやラーメン、パンなどの炭水化物ならば、冷やせば効果を発揮すると言われていますので、どうしても食べたい方は冷やしてから食べましょう。