血糖値を下げるにはランニングがお勧めです

血糖値を下げるにはランニングがお勧めです。ランニングは速く走り過ぎなければ、有酸素運動となり、効率的に血糖値を下げることが出来ます。有酸素運動は、有酸素運動を始めて20分を過ぎた頃から効力を発揮しますので、一日一時間程度は行うことをお勧めします。お勧めの時間帯は早朝です。その理由は、空腹の時に有酸素運動を行った方が効果が高いと言われているので、朝一にランニングを行うことにより、効果的に血糖値を下げることが出来ます。ランニングを行う際は、水分補給も忘れずに行いましょう。脱水症状を防ぐのはもちろんのことですが、何よりも汗をたくさんかくと、体の中の毒素や老廃物が外に排出されて、血液がサラサラになり、血糖値を下げるにも良いとされているからです。このランニングに合わせて、糖質を出来るだけ摂取しないように気をつけましょう。食事の取り方も、生野菜やスムージー、豆腐やリンゴなど、血糖値を下げるものを最初に食べてから食事を取ると、血糖値を下げることが出来ます。白米などの糖質から食べると、空腹時の場合吸収力が高まっているので、一気に血糖値が高くなる恐れがありますので、気をつけましょう。ランニングは毎日行い、血糖値を下げていきましょう。