血糖値を下げるにはご飯は控えましょう

日本人なら誰でも大好きなご飯ですが、米は糖質な為に、血糖値を上げてしまうので、血糖値を下げたい方はご飯や炭水化物は控えなければなりません。どうしてもご飯を食べたいという方は、食前に血糖値を下げると言われる酢物野菜を食べたり、血糖値の上昇を緩やかにする為に、生野菜を食べたりしてから、ご飯を冷やして食べることをお勧めします。ご飯や炭水化物を冷やして食べることにより、レジスタントスターチというものが働き、糖質を抑える効果があります。最初に酢物野菜や生野菜から食べる理由は、お腹が空いている時は、吸収力が高くなっている為に、糖質から摂取すると、血糖値が上がりやすくなってしまうので、それを防ぐ為に、酢物野菜や生野菜から食べるようにしましょう。特に酢は血糖値を下げる効果もあるのでお勧めです。日本人の主食であるお米を血糖値が上がるからといって食べないのはとても辛いことなので、食事の順番と冷やしてからご飯を食べることにより、ご飯を食べても大丈夫です。そして、運動もある程度大切なので、一日一度は運動をすることが大切です。特にお勧めなのが、ウォーキングやスイミングなどの有酸素運動です。有酸素運動は効率的に血糖値を下げることができます。