血糖値を下げると痩せる?血糖値とダイエットの関係

血糖値を下げると痩せる?血糖値とダイエットの関係

血糖値が高めだと言われたとき、もしも肥満があるなら痩せるようにと医師から指導されます。

最近は痩せていても糖尿病になる人もいるそうですが、糖尿病というと太っている人のほうが圧倒的に多いです。

それはなぜなのでしょうか。

ダイエットをして痩せると血糖値も下がるというイメージがありますが、実は「血糖値を下げると痩せやすくなる」という方が正しいのです。

血糖値とダイエット(痩せること)にはどんな関係があるのか、調べてみました。

【血糖値が高くなると太りやすくなる】

まず最初にこれだけは言っておきます。

それはずばり、血糖値が高くなると太りやすくなる、ということ。

私たちの身体は、食事から糖質を摂ると血糖値が高くなります。

1日のうち、食後がもっとも血糖値が高くなるのですが、健康な人ではいつまでも血糖値が高い状態は続きません。

多少の差はありますが、だいたい食後2時間ほどすると血糖値は正常値まで下がるのが普通です。

これは、血糖値を下げる働きのあるホルモン、インスリンが分泌されるため。

インスリンの働きによって、血糖値を下げることができているのです。

しかしインスリンには、血糖値を下げるという働き以外にも糖を吸収しやすくする、脂肪をつきやすくするという働きも…。

また、血糖値を下げるためにインスリンが大量に分泌されることで一時的に低血糖状態になり、脳が危険を察知して「ブドウ糖を補う」ような指令を出してしまうのです。

食後そんなに時間が経っていないのに、妙におなかがすいた経験はありませんか?

これは、主食をたくさん食べたときに起こりやすいですよね?

主食(炭水化物、糖質)を食べ過ぎたことで血糖値が急上昇し、それを下げるためにインスリンが大量分泌されて低血糖状態になったためだといえます。

ここでお腹がすいたからといって食べてしまっては、当然ながらカロリーオーバー。

太ってしまうのは言うまでもありませんね。

これらのことから、血糖値が高くなると太りやすくなると言われているのです。

【血糖値をコントロールすると痩せやすくなる】

血糖値が高くなると太りやすくなるということは、血糖値を高くしなければ痩せやすくなるということでもあります。

食後に血糖値が上がるのは当たり前のことですが、その「上がり方」に注目してみましょう。

できるだけ血糖値がゆるやかに上がるようにすれば、インスリンが大量に分泌されることもなくなります。

食事の時には糖質をたくさん含むものを少なめにしたり、食べる順番に気を付けてみましょう。

食物繊維を多く含むもの(野菜サラダや海藻など)から先に食べると、糖質の吸収速度を遅くすることができるのでおすすめ。

その他にも、低GI値食品を使ったり、糖質オフのものを上手に利用してみるのもいいですね。

血糖値をコントロールすると結果的にダイエットにもなるため、痩せることもできるでしょう。

【まとめ】

血糖値とダイエットの関係について紹介しました。

血糖値が高いと太りやすくなりますから、痩せたいと思うのなら血糖値のコントロールをすることから始めましょう。

糖質をたくさん含むものを控えるだけでも、血糖値が急上昇するのは防げます。

やみくもにダイエットをしても痩せるのは難しいので、効率的に痩せるためにも結果的に気を配ってみてくださいね。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)