血糖値を下げるためには鍋がおすすめ?その理由とは

血糖値を下げるためには鍋がおすすめ?その理由とは

健康診断などで血糖値が高めだと指摘されてしまうと、普段の生活で血糖値を下げるようにしなくてはなりません。

血糖値を下げる方法と言えば、やはり食生活の改善が一番でしょう。

血糖値を上げる原因になっているのも食事ですから、食事内容の見直しは欠かせません。

血糖値を下げるためには野菜をたくさん食べようとよく言われますが、血糖値が高めの人は、たいていは野菜より炭水化物を好んで食べています。

野菜が大好きという人で、血糖値が高めの人はあまりいないのではないでしょうか。

つまり、血糖値を下げるために野菜を食べようというのは、野菜嫌いの人には多大なるストレスとなることでしょう。

だからといって、今のままの食生活を続けていると血糖値は上がり続けてしまいます。

糖尿病は合併症が怖い病気でもあるため、血糖値は下げることが鉄則です。

野菜があまり好きではない人にもおすすめなのが、鍋にすること。

鍋にしてしまうと、たくさんの野菜を簡単に食べることができるのでおすすめです。

鍋のレシピはたくさんある

秋や冬になると、毎年鍋のレシピがたくさん更新されていきます。

大手レシピサイトのクックパッドなどには、ユニークな鍋のレシピも多いです。

ぜひ参考にしてみましょう。

最近は、鍋の素も1人分から販売されていますから、ひとり暮らしの人でも手軽に鍋を楽しめるようになりました。

わざわざお店に行かなくても、鍋を食べることはできますね。

血糖値を下げることが目的であるなら、鍋に入れる具材にも気を付けてみましょう。

おすすめの具材は、えのき、大根、ごぼう、白菜、もやし、しらたき、春菊など。

ウインナーやお肉ももちろんOKですが、お肉は脂肪分の少ないロース肉を使うことをおすすめします。

鍋に入れる野菜は、基本的には何を使ってもOK。

いろいろと用意するのが面倒だという人は、「お鍋用のカット野菜」も売られていますよ。

ここで1つ、注意してほしいポイントがあります。

それは、じゃがいもやさつまいも、かぼちゃといった芋類は避ける、ということ。

あまり鍋に芋は入れないかもしれませんが、ポトフなどを作るときは芋を入れることもありますよね?

芋は血糖値を上げる原因になる炭水化物を豊富に含んでいるため、血糖値を下げるための鍋では不向きです。

食べちゃダメということはありませんが、できることなら避けたほうがいいでしょう。

そして、鍋を食べるときにもっとも気にしなくてはならないのが「締め」です。

雑炊やうどん、ラーメンなど魅力的な締めが多い鍋ですが、これらはどれも炭水化物。

血糖値を下げる目的があるときは食べるべきではありません。

おすすめは、春雨を入れること。

春雨を入れれば麺を食べているような気分を味わえますし、春雨ならば低下ロリー低糖質なので血糖値が高めの人でも安心して食べることができます。

このように、いくつか注意するべきポイントはあるものの、血糖値を下げるための食事では鍋がおすすめだと言えるでしょう。

何より、野菜が簡単にたくさん食べられるという点が魅力ですね。

まとめ

血糖値を下げるためにおすすめの鍋について、お話ししました。

鍋は野菜がたくさん摂れるので、血糖値が高めの人も積極的に食生活に取り入れていきましょう。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)