血糖値が下がると脳がエネルギー不足になる?血糖値と脳の関係

血糖値が下がると脳がエネルギー不足になる?血糖値と脳の関係

食事をしたあと、妙に眠くなったり集中力が低下したり、イライラするなんてことはありませんか?

誰でも一度は経験したことがあるであろうこれらの症状は、実は血糖値のせいかもしれません。

血糖値が下がると脳がエネルギー不足になり、上記のような症状が出ることがあるのです。

血糖値と脳の関係について、調べてみましょう。

脳のエネルギーはブドウ糖のみ!

血糖値と脳についてお話しする前に、脳のエネルギー源についてお話ししましょう。

私たちが普段活動をしていられるのは、脳が体に指令を送っているからです。

手を動かしたり足を動かすことはもちろん、言葉を発することもすべて脳が関係しています。

そんな重要な役割を担っている脳が活動をするためには、当然ながらエネルギーが必要。

脳のエネルギー源は、ブドウ糖です。

普段、食事から摂取することができるので、あまり意識したことはないでしょう。

主に炭水化物に含まれる糖質が体内でブドウ糖に分解され、脳のエネルギーとして働いています。

毎食きちんと食べている人なら、基本的には脳がエネルギー不足になることはありません。

血糖値が急上昇すると脳がエネルギー不足になる!

先ほど普通に食事をしていれば脳がエネルギー不足になることはない、といいましたが、例外もあります。

それは、血糖値が急激に上昇してしまうこと。

血糖値が急激に上がると、それを正常値に戻すためにインスリンが大量に分泌されます。

これは体の仕組みとしては当たり前のことなのですが、高くなりすぎた血糖値を下げるためには、大量のインスリンが分泌されてしまうのです。

この、「大量に」というところがポイント。

インスリンが大量に分泌されると、血糖値は一気に低下します。

すると脳はどうなるのでしょうか。

血糖値が急激に下がると、今度は「脳がエネルギー不足だ!ブドウ糖が足りない!」と感知してしまい、エネルギー源を確保するためアドレナリンやノルアドレナリンという物質の分泌を促すようになります。

その結果、イライラや集中力低下といった症状をもたらしてしまう、というわけ。

エネルギー不足を感じると、脳は無駄なエネルギーを使わなくてすむよう、「眠気」を催して睡眠を促すようになるのです。

食後に集中力の低下、眠気、イライラといった症状が出るのは、「血糖値が急激に上がってそれを下げるためにインスリンが大量に分泌されるため」なのです。

それを防ぐためには、脳にエネルギー不足を感じさせないことが大切。

つまり、血糖値を急激に上昇下降させないよう、血糖値をなだらかにする食事をすればいいのです。

炭水化物の摂りすぎには注意し、食べる順番にも気を付けてみましょう。

食物繊維から食べるようにすると、糖質の吸収速度を遅くすることができるためおすすめです。

まとめ

血糖値と脳の関係について、お話ししました。

血糖値と脳には深い関係があり、食後に起こる様々な症状は血糖値が急激に下がることで脳がエネルギー不足を感じてしまうために起こります。

そうならないよう、普段の食事の仕方には気を付けていきたいものですね。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)