自分の会話に自信が付いた体験談の感想

■冒頭文(リード文)

私はたかしと申します。(40代男性/Plus会員)
よく街中でも母親が子供を叱りつけている現場に直面します。また間に入って止めてあげたい位に子供が泣いている光景もありますがそんな環境下で育ってしまうと確かに人と会話をする事自体に恐怖を覚えてしまうのだなぁと思いました。またそんな筆者が自ら変わって行けた気持ちの強さに対して素直に「すごいなぁ」と感じました。

【体験談掲載ページからの引用文】
“会話恐怖症だった私だからこそ、人と楽しみや喜びを分かち合える会話ができる人間に変わっていけるんだとも思っています。“

【恐怖を生んだ母親との関係性】
普段色々な親子像を見ていると二つに分類されているとと思います。一つは子供の発言に対して叱りつける親、もう一つはちゃんと子供の話を聞いてくれる親です。そして前者の親に育てられた子供は間違いなく抑えつけられて育つので恐怖感の塊のまま成長する為に、自分の親以外にも対人に対して心を閉ざしてしまいますので発言する事すらダメなのではないかと思ってしまうのだと思います。

【会話恐怖症からの変化】
大人になったりある程度の年齢になると自分の意見を求められる場合があります。でも上記のような環境で育ったのだとすると何か自分の意見を発言しようものなら相手に怒鳴られたり怒られたりしてしまうのではないかと言う恐怖心が拭い去れないのだと思います。本当はそんな事は無いのですが自身が育った環境が生み出した恐怖心ですのでこれは他の誰かでも無く自分自身で変化をするしか無いのです。例えば周りを見て楽しそうに会話をしている光景を見た時に「ああ自分も言う風に人とコミニュケーションを取りたい」と思い、強く変化を願えるのであれば会話恐怖症から脱け出せる事もできると言う事が分かりました。

【変わって広がる人間関係】
「自分が伝えたい事は伝えて良い」これは法律でも何でもなく、強いて言えば表現の自由になるのですが、当たり前にある私たちの権限となります。でも心から表現する事や人とのコミニュケーションの楽しさを味わえた筆者は自らの可能性を感じてどんどんと人間関係を広めていく事ができたのだと思います。ただ当たり前の事を当たり前と感じずに過去の苦悩を糧に変化をした本人は凄いなと思いました。

【まとめ】
会話の自由さえ奪われてしまった子供でも自己表現をしたいと言う気持ちや会話を楽しみたいと強く感じる事で変われる事ができるのだと言う事が分かりました。ただ親に押し付けられて育てられた長い経験は直ぐには拭い去れないのも事実だと思います。実際にどの様な苦労を味わい、どの様な努力を重ねて自己表現ができる自分に変われたのかは私達の想像以上に大変であったのだろうと思いました。正直大人の私でも相手によっては塞ぎがちになってしまう事がありますので、大人関係で悩んだ場合には是非、筆者の体験談を参考にさせて頂きたいと思いました。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)