玄米をおいしく食べるには?おすすめの玄米アレンジ!

玄米は、白米にはない様々な栄養を含んでいることから、美容や健康にいいとして注目を集めています。

バランスの良い食事が大切だとは分かっていても、それを毎日実践するのは簡単なことではありません。

特に忙しい現代人の場合、食事に気を配る時間がない!という人も多いのではないかと思います。

そんなときにも、玄米はとてもおすすめの優秀食材。

玄米だけで1日に必要な栄養のほとんどを補えてしまうそう。

とはいえ、白米よりも固さが残る玄米は苦手だという人も多いです。

玄米をおいしく食べるには、どうすればいいのでしょうか。

おすすめの玄米のアレンジの仕方について、紹介していきましょう。

玄米のアレンジレシピは意外とたくさんある

玄米は白米よりもパサついているため、すぐに飽きてしまうことも多いです。

白米はどんなおかずとも相性がいいですが、玄米の場合は合うおかずと合わないおかずがあるのも事実。

それゆえ、「毎回同じ食べ方で飽きた」「玄米にしてから食事のレパートリーが少ない」と感じている人も多いもの。

そんなときは、レシピサイトを参考にして玄米のアレンジ方法を探してみましょう!

みなさんも一度は使ったことがあるであろう大手レシピサイト、クックパッドには、玄米のアレンジレシピが140件ほど投稿されています。

すぐに作れそうな簡単なレシピも多いので、さっそく今夜のレシピに採用することもできるでしょう。

意外とたくさんある玄米のアレンジレシピのうち、気になったものを4つほど紹介したいと思います。

1、玄米リゾット

リゾットにすると、玄米のプチプチ感が良いアクセントになりとてもおいしく玄米を食べることができます。

白米よりも玄米で作ったリゾットの方が好き!という人も多いんですよ。

おすすめは、ほうれんそう、トマト、チーズで作るお手軽リゾット。

トマトとチーズは相性抜群なので、この組み合わせに間違いはありません。

冷蔵庫の残り野菜を刻んで入れたり、鶏肉を入れるのもいいですね。

2、チャーハン

白米よりも固めでパサつきのある玄米は、パラパラのチャーハンが作れると大評判。

白米ではべちゃっとなってしまいがちなチャーハンも、玄米なら簡単に、お店に出てくるようなパラパラチャーハンを作ることができます。

卵、ネギ、ベーコンなどお好みの具材で作りましょう。

3、炊き込みごはん

玄米はおいしくないという先入観のある人に試してみてほしいのが、玄米で作る炊き込みごはん。

炊き込みごはんにするとお米に色がつくこともあり、見た目の玄米っぽさがなくなります。

キノコや鶏肉、好きな野菜などと調味料を入れて炊飯器のスイッチを押すだけなので、面倒な行程が一切ないのもいいですね。

市販の炊き込みごはんの素を使っても、おいしく仕上がりますよ。

4、サラダ

アレンジレシピの中で一番すごい!と思ったのが、玄米をサラダにする食べ方。

レタスやオニオンなどの生野菜に玄米ご飯を加え、好きなドレッシングをかけたら完成という手軽さもいいですよね。

パプリカを入れると、見た目も華やかになるので一気にメインおかずになりますよ。

さっぱりと玄米を食べたい!という人におすすめのアレンジレシピです。

まとめ

玄米を使ったアレンジレシピは、様々なレシピサイトに投稿されています。

玄米人気が高まっていることもあり、アレンジレシピもどんどん増えているといえるでしょう。

手間のかからない簡単なレシピも多いですから、「おいしく玄米を食べたい!」と思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。