玄米に含まれている栄養分とは?

玄米に含まれる栄養分は非常に豊富

玄米に含まれている栄養分は、非常に豊富に含まれています。
実は白米も玄米と同様の栄養が含まれているのですが、含まれている量に大きな違いがあり、そのため健康面に優れています。
白米よりも多い栄養分となるのが、カルシウム・リン・鉄・ビタミンB1・B2・B6・E・ビオチンやイノシトール・コリン・フェチン酸・食物繊維です。

様々な栄養素が体に必要で、含まれた栄養素殆どが重要なのですが、その中でも健康面で嬉しいのが、フェチン酸です。
フェチン酸は、白米に比べて約6倍ほど多く含まれていて、体内の毒素を排出するデトックス効果があります。
デトックス効果により、ガンの予防やむくみの解消を可能としているため、健康面だけでなく美容の面でも優れた効果を発揮してくれます。

また、不足しやすいカルシウムや鉄分も多く含まれているため、これもまた健康面に良い食べ物といえます。

玄米の栄養分の食物繊維が優れている

玄米には食物繊維が含まれているのですが、野菜に比べるとさほど多くないです。
しかし、玄米は便秘解消効果が期待できるほどの食物繊維が含まれているため、便秘に悩まされている人におすすめできます。
なぜ野菜より優れていないのに便秘解消効果が期待できるのかですが、それは不溶性食物繊維が豊富に含まれているからです。

食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類があり、不溶性食物繊維のほうが腸まで届き効果を発揮してくれます。
水溶性も便秘解消に効果はありますが、運動不足時やダイエット時に起こりやすい便秘は不溶性食物繊維が効果的です。
腸を活発化させて便秘解消するほうが、健康面に優れた解消方法になるため、豊富に含まれた玄米は、健康的に便秘解消できる食べ物です。

ただし、食事の面で健康に優れていても、生活習慣の面が悪ければ、病気の可能性を低くしたり、便秘解消はできない場合があるので、生活習慣の面も改善しましょう。