玄米ご飯をおいしく食べたい!おすすめの食べ方は?

美容と健康におすすめ!と大評判の玄米。

玄米とは精米する前の米のことで、糠や籾などがついたままのもの。

薄い茶色っぽい色をしているのが特徴ですね。

そんな玄米は栄養価がとても高く、なおかつ白米よりも糖質の吸収スピードが遅いため、ダイエット中の主食にも最適。

そんないいことづくめの玄米ですが、「おいしくない」「固くて食べにくい」なんて感じてしまう人も。

どうせ食べるのなら、おいしい玄米ご飯を食べたいですよね?

そこでここでは、玄米ご飯のおいしい食べ方について紹介していきましょう。

玄米ご飯をおいしく食べるポイント

炊飯器や圧力鍋など、玄米ご飯の炊き方は人それぞれ違うと思います。

では、余った玄米ご飯はどのようにしていますか?

1食分ずつ炊く人はあまりいないでしょうから、みなさん何食分かをまとめて炊いていますよね?

これは玄米に限ってのことではありませんが、余ったご飯を炊飯器で保温し続けていると、ご飯がまずくなります。

玄米も同じなので、余ったご飯はラップにくるんで冷蔵庫や冷凍庫で保管しましょう。

たったこれだけのことですが、食べるときに味が全然違うんですよ!

玄米ご飯は炊くのに時間がかかるので、まとめて炊いて冷凍保存がおすすめです。

また、玄米ご飯が固い、ボソボソしていて食べにくいという場合、吸水時間が足りないのかもしれません。

玄米は糠や籾がついている分、白米のようにすんなりとは水を吸ってくれません。

通常でも6時間、冬場ならそれ以上の時間をかけて吸水させてみてください。

しっかりと水を吸わせてから炊けば、ある程度は固さやボソボソ感をなくすことができますよ。

それでもやっぱり苦手だという人は、最初は玄米と白米を1:1にして炊いてみるのもおすすめ。

半分が白米だと、玄米の固さも意外と気になりません。

玄米の固さに慣れてきたら、徐々に玄米の割合を増やしていってみましょう。

レシピサイトを参考にしてみよう!

玄米ご飯は噛めば噛むほど旨味が増すものなので、シンプルなおかずがよく合います。

白菜の漬け物や、きゅうりの糠漬けなども最高のおかずに!

とはいえ、漬け物はメインのおかずにはなりませんから、やはりおかずは考えなくてはなりません。

どうせなら玄米ご飯に合うおかずを作りたい!と思うのなら、クックパッドなどのレシピサイトを参考にしてみましょう。

主婦なら一度は使ったことがあるであろうクックパッドには、278万品ものレシピが投稿されています。

その中から、食べたいもの、作れそうなものをピックアップしてみてください。

また、玄米ご飯がどうしても苦手という人におすすめなのが、チャーハンや丼もの、炊き込みご飯などにすること。

こうすると玄米の固さを感じにくくなるので、一気に食べやすくなりますよ。

白米と同じように、玄米ご飯は何にでも合うものなのです。

まとめ

玄米ご飯をおいしく食べるためのポイントや、おいしい食べ方について紹介しました。

玄米を取り入れたいと思っていても、味や食感が苦手で食べられないなんてもったいない!

そんなときは、いろいろな食べ方を試してみてください。

玄米ご飯は「こう食べないといけない」という決まりはないので、自分の好きな食べ方を見つけてみましょう。