毎日の食事についての記事

私の朝食は、学生の頃から常にトーストである。一日の活力であるコーヒーは欠かせない。
昼食は職場に弁当を持参する。残り物(金平・煮物等)に卵焼き、白米のパターンが多い。
夏は緑茶、冬は杜仲茶を煮出して水筒に入れ持ち歩いている。
紙パック豆乳は外回り中の強い味方だ。味が豊富で腹持ちが良く愛飲している。
主人の高脂血症診断を契機に、食事の見直しを迫られた我が家。
その為、夕食は和風、主菜は魚が多い。煮魚・焼魚・野菜餡・蒸し物等、安価なサバが週に4日は活躍中である。
野菜は実家の畑から貰った旬の物が中心だ。
お浸し・酢の物・ひじき・芋煮等、和の小鉢もよく食べる。
植物性蛋白質もわりと摂る方で、納豆・卯の花・油揚げ・厚揚げ・豆腐を一日一品以上意識して取り入れている。
肉を食べたい時は、歯応えのある根菜と併せて調理し、少量で満足感が出るようにしている。
白米でお腹一杯にしないよう、副菜を多く摂り、ゆっくり三角食べをするよう心がけている。
現在マクロビに興味があり、健康的な食事について更に勉強したいと思っている。
まずは塩分控え目の食事に近付けるべく、茗荷・大葉・生姜・山椒等、香草や出汁の上手な使い方について研究中である。