栗で栄養アップ!玄米栗ご飯で秋を感じる料理に

秋の味覚、栗はご飯と一緒に炊くとおいしいですよね。白米で栗ご飯を作るのもおいしいのですが、それを玄米にすると栗の栄養と玄米の栄養が摂取できます。

栗はイモと同じく、でんぷんが主成分です。脂質は少ないのですが、少ない量でしっかりと栄養を取れるのがメリットです。子供やお年寄りには嬉しいポイントですよね。

栗に含まれる栄養は、タンパク質、ビタミンA、B1、B2、C、カリウム、食物繊維、ミネラルです。そして、渋皮には活性酸素を取り除くポリフェノールも含みます。ただし、栗ご飯にするなら渋皮は食べないと思うので、ポリフェノールを摂取できるのは期待しない方が良いです。(渋皮付きで栗ご飯を作る人もいます。)

そして玄米の栄養素は、ビタミンB1、B2、E、食物繊維、ミネラル、葉酸などです。白米よりも栄養が高く、発芽させるとさらに栄養がアップするのが玄米のメリットです。

発芽させるためには夏なら半日~1日、冬は1日~3日間の間、玄米を水に付けておきます。水はこまめに取り替えると、臭みも薄くなって食べやすくなります。玄米からにょきっと角が生えれば、発芽した証拠となります。
栗も玄米も栄養が高いため、この2つを一緒に炊く栗ご飯は栄養満点なのが分かりますよね。

そして、栗ご飯を作るのも簡単です。白米と同じ要領で、玄米モードにして栗と玄米を一緒に炊けば良しです。

ポイントは、玄米だけで炊くよりも1.3倍増しの水量にする事です。そして、1合につき1グラムの塩を加えます。そうすると、塩の中のカリウムが玄米の苦味を消してくれます。

また、玄米を洗う時はすすぐようなイメージで洗います。キツく洗い過ぎてしまうと、胚芽が取れて栄養が少なくなってしまうからです。

おいしくて栄養満点、誰もが好きな栗は玄米に合います。白米と一緒に炊くなら、玄米で栄養をもっと上げると良いですよ。栗は剥き栗を使えば、簡単に栗ご飯が作れます。渋皮付きも良し、なしも良しです。