文字書きが趣味だから150文字なんてちょろいもんです

うちの母が転職を考えているようで、今度面接を受けることになったそうです。
それで面接の他に簡単な作文も書かせられることになったそうです。
何のことについて書くのかは分かりませんが、150字で書くようにと言われているそうです。
母は今からそのことで頭を抱えています。
作文があるからと知って面接の申し込みをしたことを後悔しているそうです。
私は文字書き趣味なので、はっきり言って私から見たら150文字なんて全然楽勝です!
でも逆に考えると150文字なんて短すぎて難しいかも知れません。
150字以上で書けということなのか、150文字以内で書けということなのかは分かりませんが…。
文章を書くのが大好きな趣味としては、面接で作文を書かせられるなんて凄く羨ましいことです。
作文を書いたのなんて中学生の頃が最後だと思います。
出来ることなら私が母の作文の文章を考えてあげたいくらいです。
母は職場の広報作りをやっていたこともありましたが、毎回文章に苦慮しているのです。
文章を考えるのが楽しくて仕方ない私には羨ましくて仕方ないです。
親子だけどこんなにも好きなことって違うものなのですね。
私はこれからもずっと文章を書くのが好きという気持ちは変わらないと思います。