室内でもできる血糖値を下げる運動は?

血糖値を下げるためには、食事に気を付けることはもちろんですが、同時に運動も取り入れていかなくてはなりません。

どちらかだけでは、血糖値を下げる効果としては不十分なのです。

運動をしなくてはいけないと分かってはいても、正直なところなかなか続かない…なんて人はいませんか?

運動の定番であるウォーキングやジョギングも、「天気が悪くてできない」「暑くて(寒くて)外に出たくない」なんてこともありますよね。

一度やらない(できない)日があると、そこから続かなくなってしまうことも珍しいことではありません。

しかし血糖値を下げるための運動は、外でなくてもできるんですよ!

室内でできる運動でも、十分血糖値を下げる効果は期待できます。

ここでは、「室内でできる運動」に絞って、血糖値を下げるためにおすすめのものを紹介していきますよ。

【室内でできる運動おすすめベスト3】

室内でできる運動はたくさんありますが、血糖値を下げるという目的においておすすめ度の高いものを3つ、紹介しましょう。

運動量やハードさはそれぞれ違いますので、自分で続けられそうなものを選んでやってみてください。

1、スクワット

筋トレの定番でもあるスクワットは、血糖値を下げる室内でできる運動としてもおすすめ。

スクワットは自分の体重を自分の下半身で支えるトレーニングなので、特別な道具や準備も何もいりません。

身体ひとつでできるというのは、手軽でいいですよね。

スクワットをするときのポイントは、回数を重ねるのではなく、ゆっくり時間をかけてやる、ということ。

足を肩幅よりも少し広めに開き、膝が90°曲がるまで腰を落としていきます。

太ももと床が平行になるイメージですね。

5秒ほどかけて腰を落とし、また5秒ほどかけて元の位置まで戻します。

簡単そうに見えて、これが意外とハード!

普段スクワットをしていない人がほとんどでしょうから、始めに言っておきます。

かなり疲れますので覚悟して行ってください。

慣れるまでは、10回程度でも構いません。

できれば毎食後に行うと、より高い効果を発揮することができますよ。

2、足踏み

その場で行う足踏みも、血糖値を下げる効果が期待できます。

太ももが床と平行になるくらいまで足を上げ、腕をしっかりと振って行います。

「1、2、1、2」と掛け声に合わせ、リズミカルに行ってみてください。

目線は足元ではなく、前を見てくださいね。

簡単な運動ですが、太ももの筋肉をしっかりと鍛えることができます。

3、エクササイズDVD

数年前、TRFのエクササイズDVDが立役者となり、一気に人気に火がついたエクササイズDVD。

誰もが知っている曲に合わせて踊ることで、楽しく運動をすることができます。

アーティストになりきって、思いきり踊ってみましょう!

エクササイズダンスは、正直かなりハードです。

運動不足の人がいきなり行うと、十中八九息切れします。

エクササイズDVDはシリーズになっていて、難易度が分かれているものもありますから、無理のないレベルのものから行ってみるといいですね。

楽しく躍りながら運動ができるので、「運動はつまらない」と思っている人にもおすすめです。

【まとめ】

室内でできる、血糖値を下げる運動を紹介しました。

運動は室内でもできるので、できることなら毎日続けてください。

日々の積み重ねが、血糖値を下げることにも繋がっていくのです。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)