子供の遠視検査について

子供さんの視力低下は近視が多いとされますが、遠視のお子さんも多くいらっしゃいます。
遠視は屈折異常の一つとされています。
早期に発見して対応していくと、お子さんの成長と共に遠視が弱まってくる場合もあります。
しかし小さいお子さんの場合、弱い遠視や中程度のものはなかなか発見されない場合も多くあるのが現状です。
発見されずにそのまま放っておくと、お子さんの成長を止めてしまったり、そのまま弱視に繋がる場合もあるので、注意が必要です。
三歳児検診、就学時健診にかかっていれば、そこで見つかる場合もあります。
眼科医に遠視かどうかを診断してもらい、必要と診断された場合は眼鏡を着用させましょう。
遠視のお子さんは近くが見えにくくなり、また遠くもぼんやりとしか見えなくなります。
続けて、集中力が持たない、疲れやすく頭痛がおこる、読書やお絵描きなど細かい作業が長続きしない、以上の様な現象がおこってきます。
遠視が原因だと自覚するお子さんは少ないです。
注意深くお子さんの様子を観察し、早期対応することが必要です。
小さいお子さんは、眼科検診の際に片目だけ遠視だった場合、見えにくい為にふざけて検査を嫌がる傾向も報告されています。