子供の遠視の検査について

遠視は近視と違いまして、子供が成長するにつれまして、弱まってくる事が多いです。
子供の遠視を見付ける為に、大切な事は3歳児
検診です。
この検診は多くの地域、自治体では、「家庭で簡単に出来る」視力検査をするよう、すすめます。
毎日、子供の眼を調べまして、子供の眼に何か気になる事が無いか、確認して下さい。
この時、特に何も気になる事が無くても、絶対に検査をちゃんと受けて下さい。
殆どの場合は、3歳の検診で視力の低下が疑われます。
そして、詳しく検診をしてみますと、遠視である事が分かる場合が多いです。
近視と同じように遠視も病気では有りません。
遠視の為に近くを見る時に、ピントが合っていない状態は、近くや近くの物を見る時に眼を細くしたりする等、少しでも何か可笑しな行動をする場合は、早目に眼科医に相談して下さい。
遠視は、落ち着きの無さや、子供の生活や性格等にも、繋がります。
遠視の恐ろしい事は、弱視の原因になることですので、眼鏡をはめて眼の矯正が必要なのか、どうかをちゃんと眼科医に診てもらう必要が有ります。
[遠視になっているのに、眼鏡をはめて矯正しないと、どうなるか?]
○緊張した状態で近くを見ると
、段々眼が疲れてくる
○集中力が低下する
○落ち着きがなくなる