子供と遊ぶ事!何でもいいのです!

私は40代で、14歳になる男の子を持つ母親です。
まだ子育て奮闘してますが、12歳から13歳までの時期に経験した子供の育て方を、お話したいと思います。
離婚し、再婚したものです。
なのでこの時期の子供は、もう理解できますので、納得の上で、再婚しました。
しかし、子供の不満はあとから出てきました。
私もいけなかったんです。
普段私は怒るということはしません。
よほどの事が無い限り怒りません。
しかし、ある日、学校の準備が本当に遅く夜になり次の日に持っていくものが無いので買ってきて欲しいと言われました。
ここは、田舎で、近くには何も無いし、必要なものは、早めに言うようにと、話していましたが、毎回遅いのです。
それが、多々ありとうとう私も、爆発し怒りました。
その時に、子供が意識を一瞬なくしました。
突然でした。
話をしていたら、バタリと、倒れてしまいました。
呼吸をしなくなり、困難になったようです。
直ぐに、意識は戻りましたが、殆ど怒らない私を怖がっていたんです。
知りませんでした。
それを知るのは、後からになります。
たまたま、友達と電話で話す声が聞こえてきました。
相手の子供の声が大きく、聞こえたんです。
お母さんが怖いからいえないんでしょ?と、
私の事でした。私は、怖い存在になっていました。
良く考えたら、そうだと思いました。
私の言う事はすべて聞いてきたわが子です。
単なるいい子に自分からなっていたんです。
それが、私には、手のかからないいい子だと、思ってましたが、違いました。
それで、反抗しないのですから、これはおかしいことだと思いました。
反抗期が無いのです。
こんな子供は危険です。
SOSサインも見逃します。
その後、私は反省し、子供の育て方を間違えてることに気がつきました。
未だに反抗期はないのですが、それは知らない所で子供は発散しています。
まだ人様には迷惑はかけてはいないものの、このままではいつかそんな日が来ると思いました。
なので私のとった行動は、子供と少しの時間でいいから遊ぶ事!を取り入れました。
もう14歳ですから遊びに行くなんていうことは無いのですが、自宅でトランプしたり、そんな小さな事なんです。
しかし、その積み重ねで、今では、犬の散歩さえ行かなくなった子供が毎日夕方行くようになりました。
そして、自分から今日はトランプ出来る時間ある?とか聞くようになりました。
それだけでも、1つ全身したのかな?と思います。
すこし少しですが、話をするようになってきました。
男の子は、話さない子が多いですが、なるべく本人の好きなことを一緒にしたらいいと思います。
あとは、バッティングセンターは本人のストレス解消にもなるようです。

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。