妊婦が血糖値を下げる方法

妊娠中は血糖値が上がりやすいと言われており、その原因としては摂り過ぎた栄養素を赤ちゃんが分解しきれずに、そのまま母体に残り高血糖となってしまうからです。
妊婦の体は思っている以上に変化が大きく、特に食生活は自分の力で調整をしないと後々大変なことになります。
胎児の巨大化や奇形児、先天性の病気のリスクが高くなるだけではなく、自身の体も産後病気にかかりやすくなります。
産婦人科でも食事療法を勧めるところが多く、まずはしっかりと生活の見直しをして自分でできる事はすぐに試していきましょう。
食べ過ぎを防ぐためには食事を小分けにし、血糖値を下げる玉ねぎやブロッコリー、きのこ類を先に食べるように心掛けます。
ここでストレスなく食事療法を成功させるためには我慢するのではなく少量にすることです。精神的にもデリケートな時期ですので、無理なく続けられる方法を探すことも近道の一つです。食事だけではなく毎日適度な運動を取り入れ、夜はよく眠れるような体の循環を作るといいでしょう。30分ほどのウォーキングでも体が重い妊婦にとっては結構ハードです。息抜きにもなるので取り入れている方も多いみたいですね。
大変な生活かもしれませんが、全ては赤ちゃんと自分の為です。また、これからの生活リズムを見直すきっかけにもなるはずです。母子ともに元気で健康的な体づくりをしていきましょう。