妊娠中の血糖値が高いときに下げる方法

妊娠中の血糖値が高いときに下げる方法

妊娠中は、血糖値が高くなることで「妊娠糖尿病」が起きることもありますので、妊娠中も血糖値に気をつけましょう。実際、妊娠中の定期検診では血液検査をします。妊娠中に受ける血液検査の回数は全部で3回あると言われています。

血糖値が高くなると糖尿病になりやすくなります。さらに妊婦が糖尿病になれば、胎児にも影響があります。胎児への詳しい影響は「【医師監修】妊娠糖尿病の胎児への影響 | ヘルスケア大学」の記事が参考になります。

妊娠糖尿病は妊娠中に初めて発見または発症した、糖代謝異常と言われています。要するに糖の処理能力が低下し、余分な糖が尿や血液に流れ出ます。ただ、出産後は大抵の場合、正常に戻ります。しかし、出産後も高血糖が続く人もいるということです。ちなみに妊娠するとホルモンバランスが乱れてしまいます。妊娠糖尿病の主な原因はホルモンバランスの乱れです。なので、妊娠糖尿病は妊婦なら誰でもなってしまう可能性があります。

そこで、妊娠糖尿病になってしまった場合、どう対策すればいいのでしょう。食事療法になります。ただし、まったく糖質を取らないと胎児の栄養不足を招いてしまうので適度に摂取しなくてはいけません。決められた摂取カロリーを守り、間食を避けることが大切です。ちなみにジュースや果物も糖分を含みます。
なので、糖分量には注意することが必要です。まずは、血糖値の上がりにくい食事を心がけることが必要です。

そこで、酵素ドリンクがお勧めです。その理由は酵素は血糖値の抑制に役立つからです。酵素ドリンクもそうですし、このサイトでご紹介している「血糖値を下げてくれるお茶ドクターズチョイス グルコティー」や「健康的な血糖値の維持、糖尿病合併症の予防をサポートするサプリ」の摂取は、妊娠中の方の摂取は、必ず医師にご相談の上、使用が可能かどうかの確認をして下さい。

1番大事なことは「バランスの良い食事」です。

 

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)