多嚢胞性卵巣症候群におけるベジママの効果とは

ベジママという妊活サプリを知っていますか?

ベジママは、葉酸やマカの妊活サプリではなく、ピニトール配合の新妊活サプリとして話題を集めています。

なぜここまで注目されているかというと、ベジママに含まれるピニトールが、多嚢胞性卵巣症候群に効果があると言われているため。

具体的にはどんな効果があるのか、紹介していきます。

ピニトールは多嚢胞性卵巣症候群の改善効果がある

日本ではまだあまり知られていませんが、ピニトールには多嚢胞性卵巣症候群を改善する働きがあると言われています。

アメリカの研究で発見し、実際アメリカでは初期の不妊治療にピニトールが使われているそう。

実は多嚢胞性卵巣症候群は、インスリンの代謝と密接な関係にあります。

ピニトールには血糖値を下げる効果があり、これによってインスリンの代謝を改善できるため、多嚢胞性卵巣症候群も改善できると言うのです。

多嚢胞性卵巣症候群になると妊娠糖尿病になりやすいと言われているのは、インスリンの代謝に異常が生じてしまうからなのですね。

ベジママは、自社栽培のアイスプラントから抽出したピニトールをたっぷりと配合しています。

医学が進んだ現代においても、多嚢胞性卵巣症候群の治療法は確立していません。

そのため、ピニトールに注目が集まっているのでしょうね。

ベジママは薬ではなく、あくまでも妊活サプリという位置付けです。

多嚢胞性卵巣症候群だと妊娠しにくくなるのは確かですから、少しでも妊娠の確率を上げるためにも、まずはベジママを飲むことから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ベジママの、多嚢胞性卵巣症候群への効果についてお話ししました。

ベジママに含まれるピニトールに多嚢胞性卵巣症候群を改善する効果があり、ピニトールの配合された妊活サプリはベジママしかありません。

ベジママなら1日4粒飲むだけでいいので、ぜひチェックしてみてくださいね。