多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠したい!不妊治療よりベジママがおすすめ?

多嚢胞性卵巣症候群という病気を知っていますか?

多嚢胞性卵巣症候群は決して珍しいものではなく、生殖年齢に達する女性の10人に1人が患っているとも言われる、とてもメジャーなもの。

しかし、多嚢胞性卵巣症候群はメジャーであるにも関わらず、しっかりとした治療法が未だに確立されていません。

スムーズな排卵がされず、自然に妊娠するのは難しい状態である多嚢胞性卵巣症候群の人が妊娠するためには、不妊治療を行うしかないのでしょうか。

副作用のある不妊治療より、簡単手軽なベジママを!

多嚢胞性卵巣症候群の人は排卵が起こりにくくなるため、当然ながら妊娠もしにくくなります。

今のところ、不妊治療としては排卵誘発剤を使用することが多いよう。

薬の力で、強引に排卵させようという考えです。

排卵誘発剤は不妊治療でも多くの人に使われているものですが、多嚢胞性卵巣症候群の人の場合、副作用が強く出る可能性が高いと言われています。

その典型的な例が、卵巣過剰刺激症候群。

卵巣が腫れ、ひどくなるとお腹に水がたまって入院が必要になることも…。

それでなくても妊活中や不妊治療中は、精神的にも身体的にも負担がかかるもの。

副作用まで強く出たのではたまりません。

そこでおすすめするのが、ピニトール配合の新しい妊活サプリ、ベジママ。

ベジママはサプリなので副作用もありませんし、面倒なことは一切ありません!

ピニトールには多嚢胞性卵巣症候群を改善する働きがあると言われており、実際アメリカなどでは、初期の不妊治療にピニトールが使われているのだとか。

ピニトール配合の葉酸サプリはベジママだけなので、多嚢胞性卵巣症候群に悩んでいる人は、ぜひベジママをチェックしてみてくださいね。

まとめ

多嚢胞性卵巣症候群の人は、不妊治療よりもベジママの方がおすすめです。

多嚢胞性卵巣症候群の治療法が確立されていないわけですから、最悪の場合は副作用だけで何の収穫も得られない、なんてことにもなりかねません。

副作用のリスクのある不妊治療より、ただ飲むだけのベジママを試してみてはいかがでしょうか。