地元の市民祭りで、地元の特産物を見直しました。

今日は駅前でやっている市民祭りに行ってきました。フリーマーケットではおもちゃや日用品が売っていましたし、リフォーム会社やウォーターサーバーのブースもありました。なかでも一際目立っていたのが、お茶工場の販売ブースです。地元の特産物はお茶なので、たくさんあるブースの半分くらいはお茶工場のブースでした。そしてどのブースもお茶の試飲ができて、通りがかるお客さんにお茶を配っていました。私はお茶を飲みすぎて、お腹がちゃぽんちゃぽんになってしまいました。
同じ緑茶でも、工場によってちょっとずつ味が違います。そしてどのお茶もほどよく渋く、深緑色をしていてとてもきれいでした。うちでも緑茶を飲みますが、うちだと味が薄くて黄緑色をしています。うちのお茶はスーパーで買った安いものなので、どこの産地かわかりません。その点、今日のお茶はお茶工場の直産でした。それだとブレンドしていないので、味が濃いんだなと思いました。そしてお茶の微妙な産地の違いから、個性的な味になるんだなぁと思いました。こういう市民祭りでは地元の特産物が並んでいます。ここまでお茶を飲み比べられる機会はあまりありません。市民祭りは、地元の特産物を見直す事ができるいい機会だなと思いました。





続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。