味噌汁のアディポネクチンが血糖値を下げてくれます。

日本人の皆さんなら100%味噌汁が好きだと言っても良いくらいに国民から愛されていて長寿の秘訣とも言われています。また味噌汁には血糖値を下げる効果があるとも言われていますので、普段から味噌汁を飲んでおけば糖尿病のリスクを軽減させる事ができるとも言われています。
ではその秘密は何かと言いますと、味噌汁には血液中にあるホルモンの一種であるアディポネクチンを高める効果がありまして、アディポネクチンは脂肪燃焼や血糖値を下げる効果があるのです。また通常アディポネクチンは大豆製品に多く含まれていますが、だからと言って普段大豆ばかりを食べることも難しいですので、摂取のしやすさと言う点でも味噌汁が良いとされているのです。
ちなみに味噌汁がもたらす実際の効果と致しましては、女性の場合には空腹時には血糖値の変化はありませんでしたがBMI値が23以下の方で普段味噌汁を一日に3杯以上飲んでいる場合には一日2杯以内しか飲んでいない場合に比べると確実にアディポネクチンの値が高かったと言う結果が出ています。また男性に関しましてはBMI値に関係なく体に対して味噌汁が良い影響を与えている事が分かっておりますので日々の食生活の中に味噌汁を取り入れることで血糖値のケアもできるので一石二鳥と言えるでしょう。