冷凍食品を使ったお弁当

お弁当作りは大変なことです。それが毎日になると作る人は何をお弁当に入れたらいいか頭を悩ませます。そこで便利なのは冷凍食品です。朝に時間がなくてお弁当を作るときは電子レンジで温めて入れたらいいのです。
最近では冷凍したままの状態でお弁当箱に入れたら食べるころには常温になるものがあります。これはお弁当が痛むのも防止できますし電子レンジで温める時間も短縮できます。お弁当に入れる冷凍食品も種類がたくさんあります。
そして味も美味しいのはもちろん冷めても味が変わらず美味しく食べられます。お弁当のおかずを考えるときに色のバランスに気をつけるといいそうです。基本は赤色と黄色と緑色を入れるときれいに美味しそうに見えます。この3色を冷凍食品だけで作ることができるのです。
例えば赤色はナポリタンスパゲッティや海老などがあります。黄色は唐揚げやコロッケなどがあります。緑色はブロッコリーや枝豆があります。冷凍食品が便利なのは使いたい分だけ使えるので少量をお弁当に入れられることです。市販の冷凍食品だけでなく自分で作ったおかずを小分けにして冷凍して置くのもオススメです。小さい子供のお弁当に入れるとかわいい動物の飾りがついたグラタンとかキャラクターの形にしたハンバーグなどもあります。





続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。