健康診断前に血糖値を下げるほうが良い?

まず、健康診断は何のためにやるのか理解してください。
健康診断のおかげで普段、気づかなかった病気などの予防ができます。
大抵の人が健康診断で自分がどれだけの血糖値が知ることができます。

なので、健康診断結果を見て血糖値が高い場合、対策を立てるはずです。
要するに健康診断の前に血糖値を下げる行為は必要ないということです。

といっても、大抵の人が健康診断の前に血糖値を下げることより上げることを気にするはずです。

そこで、健康診断の前にはやってはいけないことがあります。
それは飲酒です。
何故なら、尿検査や血液検査に影響が出てしまうからです。

なので、勿論、血糖値にも影響がでます。

とにかく、健康診断前に血糖値を下げると普段の自分の血糖値の値が解りません。
確かに食事をすると血糖値は上がります。
だけど、食材によっては血糖値が下がるモノもあります。

なので、健康診断を受ける前に食事もしない方がいいでしょう。

そこで、健康診断と食事の関係を考えてみましょう。
もしも、午前に診断する場合は約12時間前、午後なら6時間前までに食事を済ませば大丈夫です。
だけど、うっかり食べてしまった時の対処法があります。

それは時間をずらすことです。

ただし、血液検査の場合は、血糖値に影響するため、最低でも3時間前までには済ませておくべきでしょう。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)